電気需給約款改定のお知らせ

2022.03.17

お知らせ

日頃より「まちエネ」をご利用いただき誠にありがとうございます。
このたび弊社は、「電気需給約款(2021年9月15日実施)」を、2022年4月1日より一部改定する予定ですので、あらかじめお知らせいたします。

■改定の内容
・燃料費調整額※の算出に用いる上限価格の撤廃
・電気供給にあたり、不明瞭かつお客さまに不利益が生じない条文の整理。
・誤植、文言の統一など、軽微な修正
 ※赤字:2022年3月17日追記

■改定の目的
・適切な資源価格を反映し、安定した電力供給を継続するため
・約款の正確性の確保
 ※赤字:2022年3月17日追記
■改定後の約款
・電気需給約款(2022年4月1日実施)
 https://www.machi-ene.jp/hubfs/denki/agreement_20220401.pdf
■約款改定後の料金適用
・2022年4月1日以降の検針分から適用

※ 燃料費調整制度:火力燃料(原油、液化天然ガス、石炭)の価格変動を電気料金に迅速に反映させるため、その変動に応じて毎月自動的に調整する料金です。燃料価格が上昇した場合は燃料費調整額を加算し、燃料価格が低下した場合は燃料費調整額を差引き、電気料金を算定します。


なお、変更点に関しては、以下の新旧対照表(例)をご参照ください。


新旧対照表(例)<2022年4月の燃調費単価(kWhあたり)>

供給エリア 上限あり(旧) 上限なし(新) 価格差
東北電力エリア 3.05円 3.05円 0円
東京電力エリア 2.27円 2.27円 0円
中部電力エリア 1.17円 1.17円 0円
関西電力エリア 2.24円 3.02円 +0.78円
中国電力エリア 3.19円 3.65円 +0.46円
四国電力エリア 2.55円 2.63円 +0.08円
※ご参考として、2022年4月の燃料調整費単価を上限ありの場合となしの場合で算定し、比較しております。
 
 
今後とも「まちエネ」をご愛顧いただきますよう、お願い申し上げます。