引越しをスマートに乗り切るコツ

2020.02.20

こんにちは、みんなの暮らしを電気のチカラで応援する「まちエネ」です。

3~4月は、就職・転勤・就学があり引越しのピーク時期です。転勤で引越し慣れしている方もいれば、一方で、めったに引越ししない方にとっては、10年に一度の大イベント!となり、いざ引越しが決まっても「何をいつまでにやればいいのか、分からない!」という状況に陥りがちです。

そこで今回は、引越しを検討中の方や準備中の方向けに、面倒な引越しをスマートに乗り切る方法をご紹介します。

column_moving

引越しの第一歩は家探しから

引越し先が賃貸住宅となる場合、「引越しをする」と決めたら最初に行うのは当然ながら家探しですね。

家選びの条件は家庭によって異なるでしょうが、近年、台風や豪雨による災害が続いていることから「自然災害のリスク度合いを考慮する」という意見も聞かれるようになりました。国土交通省が運営する ハザードマップポータルサイト では洪水・土砂災害・津波のリスク情報などを地図や写真に自由に重ねて表示できますので、家探しの際にぜひ活用してみてくださいね。

また、見逃せないのは「毎月の家賃」と「仲介手数料、敷金礼金の有無」といったコスト面の問題です。特に後者は一度に高額の支払いが発生するので、家計にはなかなかのインパクトになります。関東では、「家賃や手数料は値切れない」と思われがちですが、良い不動産屋さんに巡り合うと、大家さんと交渉してくれることもあるので、「1か月1,000円でもいいから家賃安くなりませんか?」と勇気を出して聞いてみるのも一つの手かもしれません。

敷金や礼金がゼロ、という物件も多く見られるようになりましたが、「毎月の家賃が相場より高くないか?」「更新料や原状回復費用が割高に設定されていないか?」「退去の告知をするタイミングが2ヶ月以上前といった馴染みのない条件になっていないか」なども注意深く見ておきたいところです。

また、敷金や礼金、毎月の家賃をクレジットカードで決済できるかどうかも重要な判断基準になり得ます。ポイントが付くなら、実質的にはその分が「値引きになる」と考えられるので、おトクですね。

2020年41日からの民法改正で、賃貸借契約に関するルールが見直され、賃貸契約が終了した時に、敷金が返金される要件が明確となりました。

 

  • 地域によって「礼金」「権利金」「保証金」と呼ばれるものでも、担保目的であれば、「敷金」に当たり、返金要件の対象になります。
  • 家具の設置による床・カーペットのへこみや設置跡、テレビや冷蔵庫などの後部壁面の黒ずみ、地震で破損したガラス、鍵の取替えなどの通常消耗や経年劣化については、借主は原状回復の義務を負いません。

 

くわしくは、こちら→法務省 賃貸借契約に関するルールの見直し

 

引越し業者の手配は早めに!

近年、3~4月の引越しピーク時期に「引越し業者が見つからない!」とか「引越しの見積金額が非常に高い!」といった悲鳴がSNSなどで上がってますよね。

国土交通省では、「引越事業においては、3月から4月にかけて依頼が集中しており、特に3月においては、通常月と比べて引越件数が約2倍となっており、人員と車両の両方の確保の面からピーク時の対応が難しくなってきております。各引越事業者においては、計画的なドライバーや車両の確保に努めているところですが、トラブルなくスムーズに引越を行うために、利用者の方々におかれましても、ピーク時期の引越を避けるなどのご協力をお願いいたします」とのコメントを発表しています。(出典元:国土交通省「引越時期の分散に向けたお願い」)

もし3月や4月といった繁忙期をずらして引越しができるならなによりですが、そうでないなら日程が決まった時点で早めに業者の手配はすませておきましょう。

最近は一括サイトで見積もりを申し込むひとが多いかと想像しますが、「何社からも問い合わせがきてわずらわしく感じる」との声も聞かれます。

そこで、もし身近に「何度も引越しを経験している」というひとがいるなら、どの業者に頼んだのか? どんなプランにしたのか? 対応は良かったか? などを事前にヒアリングして、お願いする業者をある程度決めて、相談するのもオススメです。もし親しい間柄なら、おおよその予算感も聞いておくと、見積もりの際に交渉材料にできるかもしれません。

 

引越し手続きの確認はチェックリストが便利!

引越し先の物件や引越し業者が決まっても、やらないといけない手続きはまだまだあります。抜けもれなく効率的に手続きを進めていくには、チェックリストを活用しましょう!チェックリストで引越し決定から引越し後までの手続きが細かく確認できます。また、あなたの引越し日の1ヵ月前/2週間前/1週間前/前日/当日/1週間後に、その時に必要な手続きをメールでお知らせするリマインド機能も利用登録ができます。

チェックリストのダウンロードはこちらから

 

今回は、引越し先の探し方から引越し手続きまでご紹介しました。

引越し先でも快適な生活が送れるように、手続きを一つ一つ着実に進めていきましょうね😀

新規CTA

SNSでシェアしよう

  • facebook
  • twitter
  • LINE